FXは最高たぜい

人気記事ランキング

ホーム > ゴルフ > ドライバーでスライスする時の原因と直す方法

ドライバーでスライスする時の原因と直す方法

初めてコースに出た時の最初のティーショットは気持ちよく真っ直ぐに飛んで行かせたい、と誰もが思いますよね。

 

でも、ギャラリーや同じ組のメンバーが見ていると、つい意識しすぎてスライス、なんてことはよくあることです。

 

コースに出なくても、練習場でも打つボール打つボールが腹が立つほど見事なまでにスライスしながら飛んで行く、という経験は初心者なら誰でもあることです。

 

スライス病を防止したい、何か良い対策はないかと願うあなたのためにこのページを作りました。しっかり読んで、この後のショットが爽快なものになるようにいたしましょう。

 

1 スライスを科学的に分析する

 

科学的と言っても難しいことではありません。目で見てよくわかるお話です。

 

ボールが写真の位置でクラブフェイスに当たれば、真っ直ぐ飛んで行くはずです。しかし上の矢印の位置で当たると、ボールは右回転を与えられて右に出る、ということはおわかりですね。つまりスライスボールになります。

これがスライスになる1つ目の理論です。

 

フェイスは曲線になっていますから、このようなことが起ります。フェイスが真っ直ぐだったら良いのに、と思った方はいませんか?

 

 

違うのですよ、この曲線はボールがフェイスの真ん中からずれた場合でもまっすぐ飛ぶように作られているのです。ただし、飛球線の方向を向いて当たらなくてはいけません。

 

例えば写真の上の矢印の部分に当たる場合はこの矢印がねらう方向(飛球線)を向くような当たり方をすれば良いのです。つまりフェイスの真ん中に当たらなくてもボールが当たる部分が、ねらう方向を向いてさえいれば、ねらいどおりの方向に飛んで行くように設計されているのです。

 

 

ここでおわかりだと思いますが、ボールを狙いどおりに真っ直ぐ飛ばすためにはボールの当たる場所が狙いの方向を向いていれば良いのです。

 

もちろん芯を外すと、飛距離が落ちるという現実がありますが、とりあえずはスライスせずに狙った方向に飛ばすということは確実になります。

 

2 スライスを技術的に分析する

 

スライスの最も大きな原因となるのは技術的なものです。実はこれが一番大きくてゴルファーを悩ませているものなのです。

 

インパクトの時にフェイスが開いている(右をむいている)ため、矢印の方向に飛ばしたいけれども、右方向に飛んで行ってしまうというものです。そして、これが誰しもが犯しやすいスライスの原因なのです。

 

 

気づきだと思いますが、「科学的に分析する」と実は全く同じ内容を説明しています。

 

つまりスライスの原因は「インパクトの瞬間にフェイスが開いてしまう」というのが一番の原因だということがおわかりいただけるでしょう。

 

それがわかると、スライスを直す方法も見えてきます。すなわちスライスを直すにはインパクトの瞬間にボールをフェイスに直角に当てれば良いということになります。

 

スライスを直す方法

 

もうおわかりになったと思いますが、ゴルフでスライスを直す方法はインパクトの瞬間でフェイスにスクウェアに当てる、ただそれだけです。再度確認しておきますが、芯にあたるという意味ではありません。スクェアに当たる必要があるのです。芯に当たっても、フェイスが右を向いていてはダメなのです。(言うまでもないことですが、フェイスが左を向いていれば当然フックになります。)

 

そうは言ってもそれがなかなかできないから苦労するんですよ、という声が聞こえてきそうです。しかし原因がはっきりすればそれを解決する対策もはっきりと見えてきます。それを一つずつチェックしてみましょう。

 

(1)グリップをチェックする

グリップについてはどの解説書を読んでも必ず書いてありますからここで詳しく記述することは避けます。

ここで質問です。あなたはインパクトの瞬間にグリップを意識していますか。

 

おそらくアドレス(打つ前の構え)の瞬間的には意識しても、実際にクラブを振る瞬間にはその意識は消えているはずです。それよりもボールから目を離さないこと、スイングの方向などを意識していることでしょう。

 

ですから、グリップはスイングの時には意識しなくても済むようにアドレスに入る前にチェックするのが普通でしょう。

 

さあ、ティーショットをしました。ボールは残念ながらスライスして右の林の方向へ・・・。

残念。

 

ここで振り返りましょう。なぜスライスしたのでしょうか。そう、インパクトの瞬間にフェイスが開いたからですね。

 

そこで、あなたがスライスを解消するべき練習課題が見えました。インパクトの瞬間にスクェアに当たる練習をすれば良いのです。ただそれだけです。

 

(2)グリップをストロングにしてみる

フェイスが開く原因の多くは、インパクトの瞬間に「左手の甲が上を向く」ということがあります。

 

わかりやすく言うと、野球のバッティングをする感じです。ゴルフクラブを持ってバットの素振りをする感じで振ってみてください。左手の甲が上を向きますね。極端に言うとこれと同じ現象がゴルフのショットにも出ているのです。そして、あなたはそのスイングが一番打ちやすいはずなのです。

 

ならば、アドレスの時から左手の甲が上を向くグリップにしてみましょう。もちろん野球のスイングは極端ですから、今までのグリップからストロングに変えてみましょう。練習場では少しずつ変えて打ってみてください。気持ちが良いくらい真っ直ぐに飛んで行くグリップに出会えるはずです。

 

しかもこの打ち方は野球のスイングに近いですから、ボールに力を与えやすいスイングなのです。スライスもせず飛距離も出る、願ったり叶ったりではありませんか。

 

(3)体の回転力で打つ

ストロンググリップで打つ場合、体より手の方が先に出るという現象が発生します。それが悪い訳ではありませんが、上半身で打つということで、かなりエネルギーを使う打ち方ではあります。

 

18ホール回るとかなり筋肉が疲れてきます。もっと楽に打つことを考えるならば、足・腰・肩の回転で打つことを選んだ方が省エネになります。

 

ストロンググリップのまま、上記の体全体の回転でスイングをしてみてください。多分ボールはフックがかかってしまうでしょうが、楽に打てる感じがつかめるはずです。

 

体の回転で打つ時の一番意識して欲しいことは両脇をしめて体から離さないことです。両脇をしめた時の腕の位置と打ち方は次のようにします。

 

①グリップを決めたら両腕をしっかり伸ばして、剣道の竹刀のように上段に構えます。

②腕を伸ばしたまま真っ直ぐ下段に下ろします。

③すると脇が体にさわり、これ以上さがらないところまで来たら、そこが「脇しめ」のポイントです。

④ポイントを固定したまま、クラブが地面にふれる位置まで腰を折り曲げていきます。

⑤地面についたクラブフェイスの位置がボールをセットする場所になります。

逆に言うとクラブフェイスをボールの位置に合わせるように足の位置を調整します。この時腰を折り曲げる角度が変わらないように注意してください。

⑥ボールを打ちますが、手で打つのではなく、特に肩を回してバックスイングを取り、脇をしめたまま、肩の回転で打つ感じをつかんでください。

その感覚がわからない場合は、両足をくっつけてスイングしてみてください。手で打つのではなく、特に肩の回転で打つ感覚です。

⑦肩の回転で打つ感覚がわかったら、足を少しずつ広げて自分のスタンスの幅までいきましょう。

⑧この時、膝や腰の回転は意識する必要はありません。ちゃんと体が一人でに回転をしてくれます。

⑨上記の打ち方がわかったらグリップも少しずつ戻してみます。一番しっくり来るところで確認をします。

 

(4)インサイド・アウトのスイングをする

スライスが出るもう一つの原因も付け加えておきます。それはスイングがアウトサイド・インになるため、ボールに右向きの回転がかかるために起きる場合です。

 

ですが、これはスライスというよりはフェードボールと言ってもよいくらいですから、今までよりは「軽症」です。

この場合はインサイド・アウトのスイングを意識してみてください。その結果ドローボールが打てるようになり、飛距離も伸びます。

 

以上であなたもスライスとおさらばです。しかも体の回転で打つという効率的な方法まで会得することができたはずです。

 

 

コースのグリーンが目にしみるほどきれいに見える日が早く来ることを願っております。

 

ゴルフが上達したいならライザップゴルフ